温泉・銭湯・サウナについて

サウナー必見!無料でサウナに入れるおすすめ銭湯5選【東京・大田区】

どうも、蒲田黒湯温泉ガイドです。

最近、サウナ人気がすごいですね。サウナを愛する人々は「サウナー」と呼ばれ、日々サウナ活動(サ活)にいそしんでいる模様。

自宅やキャンプでのモバイルサウナを楽しむ人や、サウナの本場・北欧を訪ねる人まで現れ、サウナ人気は衰えることを知りません。

ところで、銭湯や温浴施設にもサウナが併設されているところは多いです。特に銭湯は、入浴料金470円のみでサウナが楽しめる施設もまだまだあり、サウナの穴場なのではないでしょうか。

今回は、大田区・蒲田周辺で【サウナが無料】の銭湯 を5軒選びました。

どの銭湯も、サウナのみならず、素晴らしいお風呂タイムが楽しめること請け合い。自信をもっておすすめできる銭湯です。

みなさまのサ活の参考になれば幸いです。それではどうぞ!

蒲田温泉

蒲田で無料サウナと言ったらはずせないのは『蒲田温泉』

熱々の黒湯温泉、昭和ノスタルジックな宴会場、名物の温泉釜めし、やたらと色が豊富なオリジナルTシャツなどなど、話題に事欠かない名物銭湯です。

サウナは乾式サウナ。水風呂はやや小さめですが、チラーでよく冷えており、交互浴もばっちり。女性サウナ室ではバスタオル着用がルールです。

JR・東急蒲田駅より徒歩14分/京急蒲田駅より徒歩12分

▶蒲田温泉の詳細ページ

cocofuroますの湯

蒲田から東急池上線で「久が原」駅へ。『COCOFUROますの湯』は、リニューアルしたキレイ系銭湯なのにサウナが無料!

お風呂は黒湯温泉、サウナは乾式サウナ。サウナマットが入り口に置いてあり、サウナマットを洗う用の流しも完備されていて、皆がきれいに使えるよう心配りされているのを感じます。

ここの特徴は水風呂にも源泉の温泉を使用していること。ひとりしか入れない壺風呂ですが、かけ流しの源泉水風呂が楽しめます。

驚異の営業時間は朝6:00~夜24:00。ロビーには大量のマンガがあり、生ビールも飲める。どこをとっても非のない、最強銭湯です。

東急池上線「久が原」駅徒歩0分

▶COCOFUROますの湯の詳細ページ

 

隆の湯

 

京急蒲田のおとなり、「雑色」駅最寄りの庶民派銭湯『隆の湯』

活気ある商店街の裏通りにあるごく普通の街の銭湯ですが、侮ることなかれ。

浴室は広く解放感があり、広い湯舟でゆったりくつろげます。群馬の草津温泉から運んでいるという「草津の湯」が楽しめる浴槽もあり。

サウナは乾式サウナ。キンキンに冷えた水風呂も、数人入っても圧迫感がない広さなのがうれしい。ひっそりとした街場の銭湯でここまでのクオリティ、銭湯特区・大田区の実力を感じます。

●隆の湯

>京急線「雑色」駅徒歩2分
>定休日:土曜
>15:00~24:00

草津湯

 

こちらも蒲田のおとなり、「矢口渡」駅の最寄り銭湯『草津湯』

広く種類の多い浴槽、鉱泉の湯があり、バリエーション豊富に楽しめます。「隆の湯」もそうだけど、特にメジャーじゃない普通の街の銭湯の実力がすごいんですよね。

サウナは乾式サウナ。わりと広めでテレビもついています。水風呂も小さすぎず、キンキンに冷えているので交互浴にもいいですね。

ロビーでは生ビールやサワーも提供しており、お風呂上りも充実。

●草津湯

>東急多摩川線「矢口渡」駅徒歩5分
>定休日:不定休
>営業時間:12:00~24:00

大正湯

 

「京急蒲田」駅の最寄り銭湯『大正湯』。こちらは上記4軒ほどの広さはありませんが、サウナがスチームサウナということで選びました。

脱衣所や浴室は、古き良き銭湯感あるつくり。女湯だけですが、露天風呂もあります。

残念ながら水風呂はなし。スチームサウナを楽しみたい人にとっては、押さえておきたい銭湯のひとつです。

●大正湯

>京急線「京急蒲田」駅徒歩5分
>定休日:金曜
>営業時間:16:00~24:00

 

―――――

いかがでしょうか?

今回は蒲田に近いところで5軒選びましたが、大田区にはまだまだ無料でサウナを提供している銭湯がたくさんあります。

蒲田にお越しの際は、「無料サウナで攻める」という選択肢もぜひ頭に入れておいてくださいね。

それでは、よい温泉ライフを!